作品作りの様子


何を作るか。テーマ、構想を練る。

作品の構想を練る陶芸家仲田康生

  いつも作品のテーマは考えています。

 思いつくと、それを少し調べる為に資料をさがしたり、見たりします。

 テーマが決まると、ラフなスケッチを描いてみます

(この時はまだ、作るかどうかは決めてません)

 途中で面白くないと思ったら、さっさと変更、中止します。

 こんなことを繰り返していきます。

 これが構想段階。これって非常に大事なことだと思ってます

 構想が仕事の8割だと思ってます。



作るものを決めます。資料を読みます。

作品作りの為の資料。金剛力士像

  構想ができ、何を作るかがきまりました。

 金剛力士像を作ってみよう。

 運慶、快慶で有名な東大寺南大門の金剛力士像を作ってみよう。

 ただし、私流の3頭身の金剛力士像とします。

 ここまで決まったら、少し資料を読みます。

 写真集をみたり、歴史小説を読んだりします。



ラフスケッチを描きます。

作品作りのためのスケッチ図

バランス、表情、顔、ポーズを考えながらラフスケッチをかきます。

 大きさもこの時に決めながら描きます。



土の選定と造形

陶人形の金剛力士像を造形中。

 まず、使う土の選定をします。赤っぽい色目にしたいので

 今回は、陶彫土 にきめました。

 土が決まったら、ラフスケッチを参考に造形に入ります。

 表情が一番大事なので、試行錯誤しながらの作業となります。

 顔の表情が自分の気に入ったものにならないと次にはすすめない。

 気に入るまでいろいろと変えてみます。

 表情が決まれば、あとは一気に進めることができます。



乾燥、素焼き、色付け

素焼きが完了した金剛力士像

 乾燥 

造形が完了したら乾燥にはいります。乾燥の日数は作品の大きさにもよりますが、この金剛力士像は高さが20cm程度なので3週間くらいの乾燥期間をとります。

 

 素焼き

750℃で素焼きを行います。

 

 色付け

下絵具、釉薬で色付けを行います。

色付けは、けっこう時間がかかります。

大事なところですから、丁寧に、慎重に色付けするのが肝心です。



コンプレッサーでの色付け

全体的に釉薬を不矩場合はコンプレッサーを使って吹きます。

 一点に吹き付けが集中しないよう、注意が必要です。

 あと、釉薬の厚さがむらにならないように気を付けます。



窯詰め

色付けが終了しましたら、いよいよ窯詰めです。

 配置を考えていきますが、写真のように大物の場合は自然に決まってきます。



本焼き、完成

陶人形の金剛力士像が完成した。

  本焼き、完成

 1250℃で本焼きをします。

 顔の色目も結構期待した色目になり満足。

 金剛力士像の完成です。



これが完成品! オンリーワンの金剛力士像。